礼拝案内

二ユース 牧師 礼拝 証言 行事 CNC ホール利用案内・地図 LOGOS会報 書籍 山本三和人牧師

どなたもお気軽にご出席ください。

ドアを開くと十字架が

 京王線の小さな駅、「山田駅」の改札を出て右方向にゆくこと5分。UFOのように見えるユニークな建物が現れます。ここがロゴス教会です。隣には牧場が広がり、牛や羊がのんびりと草を食んでいる姿が見られます。裏には総合グランドがあり、サッカーの練習をする子どもたちの歓声が絶えません。建物正面のドアを開きますと、外光を浴びた白い十字架が目に飛び込んできます。

 ロゴス教会は、創設以来、125年の歩みを重ねてきた、日本基督教団に連なるプロテスタントの教会です。戦後いち早く “自由と平和”の尊さを説き、存在を示してまいりました。1983年の秋、八王子のこの地に移転したあとも、進取の伝統を守り続けています。堅苦しい雰囲気はなく、オープンで自由な教会です。

 現在のロゴス教会は山本俊正主任牧師を中心に、四人の牧師が交代で証言(=説教)を担当しています。
 現代社会にはさまざまなひずみがあります。人はそれぞれ悩みや迷いを感じています。そんな時に、『聖書』のメッセージに耳を傾け、心をほぐしてみてはいかがでしょうか。
 ロゴス教会は「権威や形にとらわれない開かれた教会」として、自由な人々の交わりを願っています。礼拝の後、自由闊達な会話の場も用意されています。お互いに「みんな違って、みんないい(Wonderful Difference)」をとても大事にしています。

 前面吹き抜けの礼拝堂の音響効果も実感してください。オルガンやピアノに合わせて賛美歌を歌うとき、心の鎮まりと湧き上がる力とを覚えるはずです。ここを舞台にして、年に数回、コンサートが開かれます。信徒によるパイプオルガンの制作も少しずつ進んでいて、讃美の楽を奏でる日もやってきそうです。この平和と自由の聖堂に、気楽にお越しくださいませんか。教会員が温かくお迎えいたします。

<ロゴス>の意味をご存知ですか?

<ロゴス>はギリシャ語で「言葉」を意味する単語ですが、キリスト教ではそれを<神の言葉>という意味で受け継ぎました。教会では日曜日ごとに神の言葉である聖書が読まれ、語られ、イエス・キリストが神の言葉としてつかわされたことが証されます。
 人は、<神の言葉>によっていのち=真実に生きる喜びを与えられます。<神の言葉>による神と人との交流の場が日曜日ごとの礼拝です。礼拝は神の招きの場であり、教会員だけではなく、わけへだてなくすべての人が招かれています。

愛らしい驢馬が迎える祈りとやすらぎの場

(「LOGOS No.02」1989.5)

 ロゴス教会の入口から1歩中に入りますと、正面で愛らしい驢馬(ろば)のキャラクターがあなたを迎えます。
 驢馬という動物は温順な動物で、よく労役に耐え、旧約の時代から登場してまいります。「創世記」にアブラハムが神の命令に従ってひとり息子のイサクを神に捧げるために、モリヤの山に出かけますが、そのとき荷物を運んだのが驢馬でした。また、サウルが父の驢馬数頭が姿を消した時、驢馬を捜しにひと山もふた山も越えてベニヤミンへ着き、そこでも見つからないのでさらにツフの地に来たとき、預言者サムエルと出会うことことにによってイスラエルの最初の王に推薦されるのですが、この二人を結びつけることになったのは驢馬でした。     

 驢馬は古くから駄用に供される重宝な家畜でしたが、イスラエルの人々にとっては汚れた動物のゆえ、神への捧げものとはならず、その肉もいかにもまずいものと言われていました。しかし、バビロン捕囚(B.C.586-538)の末期に、南王国ユダヤの人々が帰国を許された時、驢馬を6720頭連れて帰ったといいますから、驢馬がどんなに大切な動物であったかがわかります。驢馬は粗食に耐え、長生きして丈夫なたくましい動物なので、使役用の家畜としてたいへん重宝がられろと同時に、時には愚かものとされたり軽蔑されたりした動物でした。

 ところで、主イエスがエルサレムに入城した時、主は驢馬に乗って来ました。あのさっそうとした馬ではありません。主イエスは弟子に「ろばの子」を引いてくるように言いました。それは「主がおがお()り用」だったからです(ルカによる福音書第19章31節)。これは旧約の預言者ゼカリアが預言した通りでした。

シオンの娘よ、大いに喜べ、大いに喜べ エルサレムの娘よ、呼ばわれ。
見よ、あなたの王はあなたの所に来る。
彼は義なる者であって勝利を得、
柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。

 驢馬は、平和な仕事のためにくびきを負って使役されてきました。主イエスが馬でない驢馬を選ばれたのは、驢馬こそ「平和の君」を乗せるにふさわしい動物だったからです。そして、それは「主がお()り用」とされたのです。 ロゴス教会は驢馬(ろば)があなたを迎えます。


 第一主日礼拝山本 俊正牧師
 


 第二主日礼拝 ● 牧師


第三主日礼拝 ●岡田 仁牧師
   


 第四主日礼拝 ● 牧師

 礼拝予定     
日時 証言 司会 奏楽 献金 行事 証言題ほか
2018.1.7 山本牧師 高橋兄 原姉 白築兄 新年礼拝 究極の新年への招き
 1.14 山本牧師 山崎姉 斉藤姉 原兄 それでも留まるイエス
 1.21 岡田牧師 原姉 中村姉 眞野兄 真実な神
 1.28 嶋田牧師 眞野姉 原姉 高橋兄 あなたの信仰があなたを救った
 2.4 山本牧師 土屋兄 原姉 白築兄 救いへの戸口
 2.11 山本三牧師 原兄 中村姉 原姉 (録音)新しい道Ⅰ
 2.18 岡田牧師 眞野兄  中村姉  山崎姉   受難節Ⅰ  荒れ野の福音
 2.25 嶋田牧師 白築兄 斉藤姉 中野兄 受難節Ⅱ Noの中にYesを創造する神
 3.4 山本三牧師 北川兄 原姉 土屋兄 受難節Ⅲ 新しい道2(録音)
 3.11 山本牧師 原姉 斉藤姉 眞野姉 受難節Ⅳ 主のひとみよ
 3.18 岡田牧師 山崎姉 原姉 外間兄 受難節Ⅴ 十字架につけられた神の子
  3.25 嶋田牧師 眞野姉  中村姉 原兄  受難節Ⅵ  この世で最も低い所に
  4.1  山本牧師 眞野兄  中村姉  高橋兄  イースター  イエスだとは分からなかった
  4.8 岡田牧師 土屋兄 原姉  白築兄  十字架の主の傷あと
 4.15  山本牧師 北川兄 原姉   原姉  教会総会  踊り出るイエス
  4.22  嶋田牧師 山崎姉  斉藤姉  外間兄     お互いさまの心を越えて
 4.29  山本三牧師  原兄 斉藤姉  中野兄    (録音)  新しい道3
  5.6  山本牧師  高橋兄  原姉 土屋兄     弟子になること
 5.13  小糸 師 白築兄  斉藤姉  北川兄    呻き声をあげる人々と共に
  5.20  岡田牧師 眞野姉 中村姉  山崎姉  ペンテコステ 精霊がくだる時
  5.27  嶋田牧師 原さ姉   原姉 眞野兄     外にでよう  
 6.3  山本三牧師 外間兄  中村姉  中野兄   録音  新しい道、精霊と悪霊について
.6.10  山本牧師 土屋兄   原姉 眞野姉     自分を高める偽善
 6.17 岡田 牧師  北川兄  斉藤姉  高橋兄    真の権威への服従
 6.24  嶋田牧師 山崎姉 中村姉  原さ姉    キリストに結ばれた生活
 7.1  山本牧師  原兄 原姉 白築兄     人の希望と神の希望
 7.8  J.メンセンディーク牧師 眞野兄  中村姉  土屋兄     福音のたとえ
 7.15  岡田牧師 白築兄 原姉  北川兄     人生と歴史を導く神
 7.22  嶋田牧師 原さ姉  斎藤姉 原兄     神の言葉によって生きる
 7.29  眞野兄 高橋兄  中村姉  外間兄     道、真理、命
 8.5 山本牧師 眞野姉  原姉  山崎姉     パン種に注意しなさい
 8.12  嶋田牧師 北川兄   原姉 高橋兄     神による装い
 8.19  岡田牧師  外間兄  斎藤姉 眞野兄     完全な者となりなさい
 8.26  牧師 原兄  中村姉 白築兄     霊的な礼拝を
9・2   山本牧師 高橋兄  原姉 原兄     あなた方は笑うようになる
 9.9  山本護牧師 原兄  中村姉   土屋兄    朝ごとに方向転換
 9.16  岡田牧師  土屋兄 原姉  原さ姉    わたしの荷物
 9.23  山本三和人牧師(テープ)  眞野兄 中村姉  中野兄     新しい道5 魂とは何か
 9.30   牧師  山崎姉  斎藤姉 原姉     不信への警告
 10.7  山本牧師 北川兄   中村姉 高橋兄     神の国の到来を祈る
 10.14  小糸 師 白築兄 原 姉  山崎姉     散らされることなく
 10.21  岡田牧師 原姉  斎藤姉  土屋兄     祈りの中で聴く声
 10.28  J.サック牧師 眞野姉  中村姉  外間兄     わたしにつながっていなさい
 11.4  山本牧師 眞野兄  原姉  土屋兄兄   開堂記念、永眠者記念  死者の記憶に生かされて
 11.11  山本三牧師  土屋兄  中村姉 眞野兄    ( 録音)  新しい道(6)愛の軛
 11.18  岡田牧師 高橋兄   斎藤姉 原姉     神の記憶の中に生かされて

教会学校 日曜日 午前10時30分~11時
讃美歌、おはなし、工作などなどで楽しい時間です。


教会学校で遊びに興じるこどもたち。讃美歌を歌ったり、工作をしたり親しい友だちもできます。教会のとなりの牧場で牛、羊、山羊、うさぎがこどもたちを楽しませてくれます。東京郊外で動物たちと触れ合え、また高尾山に近く、緑豊かな恵まれた環境です。(中央の写真はクリックで拡大)




 

ロゴス教会のシンボルはロバです。

ロバはやさしく従順で、生活のなかでも人々の助けとなっていました。イエスさまは人々から愛されるロバに乗り、エルサレムに入られました。聖書には「彼らは子ろばをイエスのところに引いて来て、かれらの衣を置くと、イエスはその上に乗られた。・・・ホサナ 主の名によって来られる方に祝福あれ われらの父ダビデの来るべき国に祝福あれ ホサナ、いと高き所に」(マルコ11:7-10)と記されています。ロゴス教会は平和の象徴・ロバがやさしくみなさまをお迎えします。玄関、正面、ロビーなど、世界の可愛いロバたちがこころを和ませてくれます。

 

宮城まり子さんの壁画

礼拝堂壁面には、美しい聖母マリアが幼子を抱く姿と可愛いロバが描かれています。この壁画は会堂が建設された1983年に創設者・山本三和人牧師と親交のあった宮城まり子さんが平和への祈りを込めて描いてくれました。

  

版画家・渡辺禎雄画伯の世界

世界の版画家・渡辺禎雄先生の聖書物語の版画が左右ロビー 壁面に飾られ、教会の祈りと訪れる人々の祈りを包みこみ、渡辺禎雄先生の独自の染色「型染め」を和紙に応用した聖書世界が拡がります。

TOPへ